「知る」ことが大切

不動産業界の知識は膨大です。オフィスビル、マンション、戸建だけでも、その道のスペシャリストになる為には何年も仕事に従事しないと、身に付きません。
不動産投資についても同じことが言えます。とはいえ、何年も不動産投資会社に勤めることはできない方も多いでしょうから、「知る」ことについてご案内します。

「知る」ということ

どんな分野でもはじめは誰もが初心者です。何も知識がないまま手探りではじめ、やっていくうちに分かることもあるかもしれません。しかし不動産という大きな額で資産に関わる分野でそうしたやり方して、大きく失敗した場合には、やり直すことも難しくなってしまうでしょう。

そうならない為には、「知る」ことが大事です。
知っていれば様々な情報を基に、対策を立てることが可能になります。また知識は応用することもでき、自分の持っている専門知識多ければ多いほど、それぞれの知識を繋ぎあわせた対策を立てることもできるでしょう。

そうならない為には、「知る」ことが大事です。
知っていれば様々な情報を基に、対策を立てることが可能になります。また知識は応用することもでき、自分の持っている専門知識多ければ多いほど、それぞれの知識を繋ぎあわせた対策を立てることもできるでしょう。

私は「知る」ということが足りず、見込みが甘くスタートしてしまった方を多数目にしてきました。そのような方に共通するのは、自分の知識に自信を持ち過ぎていることです。
一つの分野を極めるには、実際に業務に従事しながらでも数年の時間が必要と言われます。

確たる知識を持ったプロの協力をスタート前から得るか、走りながらも時間を掛けて実務と知識を吸収していくか、不動産事業で成功される方はこのどちらかだと思います。

「知る」ための媒体

この媒体ですが、今や多くの物があります。
各種インターネットページ、書籍、有料で販売されている教材、セミナー、面談などですね。
この中で、比較的時間や手間を掛けずに知識を得られるのは、書籍やインターネットです。

ただし、これは一般に向けた知識であることが多いため、出版者さんが得意とする手段論に終始していたり、もしくは逆に表層的な理論であったりすることが多いです。
弊社の書籍は、不動産投資に潜むリスクについて、徹底的に迫る内容となっています。

ただ、注意したいのは、書籍・教材やインターネットやセミナーの情報では、あなたの投資に合うのはどういうプランかは教えてもらえません。

確実なのは、ノウハウを持っている善良な方との面談ですね。
セミナーは相対で講師の顔は見えますが、多人数向けに画一的なことを発信することが多く、または業者主導ですと結局物件を買わせるためのセミナーであることも多いですので、セミナーの熱にやられてその場で判断しないようにしましょう。 弊社も面談を行っていますので、ご興味があればどうぞお申し込みくださいませ。

無料相談はこちら