初心者が知っておきたい収益物件知識

資産運用や将来に備え、不動産投資を考える方が増えています。金融機関が経営破綻してしまった場合、預金保険機構によって預金者への払い戻しがされる保証制度のペイオフも、預金の1,000万円までしか払い戻されないという制限もかかり不安感が募る現代、高利回りの不動産投資が注目されている背景もあります。

これから不動産投資をしてみようとお考えの初心者の方に、知っておきたい収益物件の基礎知識をご紹介します。

収益物件とは

収益物件とはその名のとおり、収益を得られる物件のことです。マンションなどを購入し、自分が住むのではなく人に貸すことで賃貸料が発生し、収益となります。収益物件の運営は長い目で見ても安定した家賃収入を得ることができる資金運用であり、注目する方が増えています。

不動産投資が活発に行われるようになった現代、新築物件だけでなく中古物件の取引も多くあり、不動産投資での資産運用が一昔前よりも身近なものとなったことも注目される要因でしょう。

収益物件の種類

収益物件は、マンションだけではありません。駐車場や倉庫、企業が利用するオフィスビルや店舗など、様々な物件の種類があります。どのような収益物件を選ぶのかは、運用面や収入面を考える必要があります。立地条件によって収益も変わってくるので、目標設定や運営方法に合わせて選びましょう。

収益物件で安定した収入を得るには

収益物件で収益を得るには、借り手がつく必要があります。収入から経費などを引いた収益を出し、持続して安定した収益を得るには、収益物件が空き状態にならないようにすることが大切です。購入前の段階から出口戦略を立て、賃貸戦略を立て、相場よりも悪い条件を想定しても赤字になることはないか?などの対策を立てることが安定した収入を得ることに繋がるでしょう。